本日 6121 人 - 昨日 4019 人 - 累計 2906071 人
  • 記事検索

RSS

続報旭山男子中学生滑落

 昨日、長野市旭山で男子中学生が滑落し亡くなった事故の続報です。
 事故の状況が分かってきました。転落した場所は、立入禁止区域だった模様です。

 信越放送によると、

 長野市近郊の旭山できのう男子中学生が崖から転落して死亡した事故で、転落した付近は斜面が急峻で立ち入りが禁止されていたことがわかりました。

 長野市平柴にある標高785mの旭山。

 小学生が遠足で登るなど身近な里山として親しまれています。

 きのう午後4時20分頃、友人と旭山に登って遊んでいた市内の中学2年生(男子)13歳がおよそ100m下の崖下に転落しました。

 中学生は、駆け付けた消防に救助されましたが、全身を強く打っていて、その場で死亡が確認されました。

 中学生が通っていた中学校では、けさ全校集会が開かれ、校長が経緯を説明しました。

 取材に応じた校長は「明るくて素直で優しい生徒でした。大変悲しい思いでいっぱいです。子どもたちも大変驚いているので、心のケアに全力をあげたい」と話しました。

 中学生が転落したのは、かつて観音菩薩が祀られていた旭山の北側の斜面。

 観音菩薩は受験にご利益があるとされ、市民に親しまれていましたが、参拝者の転落事故が相次いだため1982年に別の場所に移されました。

 今回の事故現場は中部森林管理局が立ち入りを禁止していて、警察は中学生と一緒に山に入った友人に話を聞くなどして、転落した経緯を調べています。


 以上、25日20時17分信越放送配信


関連記事
南アで登山者川に流される (08月17日)
天は味方した乗鞍遭難者生還 (01月25日)
妙高山で男女遭難 (07月29日)
南ア北部遭対協隊員はほとんどが市職員 (06月10日)
高山村ネマガリダケで高齢男性2人遭難 (06月23日)
前の記事
次の記事
COMMENT
[2] 事務局 | 2016/04/27 21:40
 大変貴重な情報ありがとうございます。
 今後ともよろしくお願いします。
[1] 名無し | 2016/04/27 19:19
私 26年夏に行きました。まさしくそこです。廃道なので昭和時代の手すりと
所々についてるピンクの目印を辿って下りました。
旧観音の真下くらいで道が無くなります。しかし急斜面の先端部にピンクリボンありました。途中まで信じて行きましたが
その先は間違いなく絶壁でした、慌てて木の根をつかみ 這いつくばって戻りました。故意にピンク印を付けた愉快犯がいるなら許せない所でした。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):