本日 2254 人 - 昨日 3050 人 - 累計 1649956 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

上信国境の残雪異常に少ない

画像 長野県志賀高原と草津を結ぶ「志賀草津道路」が先週開通しましたが、沿道の残雪は記録的に少ないことが分かりました。

 志賀草津道路の開通により、待ちに待ったライダーが列を作って走っていきます。
 ライダーにとっても春は待ち遠しいもの。

 雪の壁を楽しめるのは、山田峠から志賀よりちょっと行ったところのみです。 (上の写真)

 気温も例年より高く、寒くもなく走るのは良かったのはないでしょうか。
 でも、事故には十分気を付けてください。早速事故が発生していました。

画像画像 ただ、沿道に残雪は異常に少なく、記録的なものです。こんなに少ないなら、もっと早く開通しても良かったのではないでしょうか。

 昨年、春スキーをした上信国境の黒湯山の写真をご覧ください、左が今年、右が昨年です、昨年は、1m以上は残っていましたが、今年は〇です。
 こんなことは記憶にありません。

 今年は、山菜の根曲り竹も早めに出てくるかもしれませんよ。


関連記事
ぶどう「翠峰」は絶品です (09月17日)
冬の高井橋 (12月22日)
蝋梅(ろうばい)咲く (01月22日)
二日連続の雪の朝 (03月25日)
臥龍公園夜桜見物 (04月17日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):