本日 2907 人 - 昨日 6437 人 - 累計 2909294 人
  • 記事検索

RSS

また富士山で遭難か

 富士山を下山中の登山者から、倒れている人を見つけたと通報があったという。

 産経新聞によりますと、

 22日午後1時20分ごろ、富士山7合目付近の吉田口登山道西側の沢で、下山中の外国人が倒れている人を見つけ、5合目の山小屋管理人を通して、「遺体を見た」と富士吉田署に通報した。

 富士山は霧による悪天候のため、県警は23日にヘリコプターなどで確認に向かう。

 同署によると、通報した外国人はフランス人旅行者2人ら8人で、7合目付近の通称・吉田大沢まで降り、倒れている人を確認したという。

 同署には21日、愛知県豊田市在住の20歳男性の家族から、男性が行方不明で、富士山に登山した可能性があると届け出があった。

 同日は県警ヘリ、22日は静岡県警ヘリが捜索したが見つかっていない。同署は捜索を続け、通報との関連も調べる。



 以上、産経新聞 4月23日(土)7時55分配信


 先日も遭難救助活動中の二次遭難が発生した富士山です。今月に入って事故が続いています。慎重な計画と行動を確認しましょう。
 


関連記事
船窪岳の不明女性発見も (08月07日)
登山家長原氏日高山脈で滑落死 (02月03日)
中ア三ノ沢岳で女性救出も (02月29日)
湯俣川遭難は台風災害ではない! (09月21日)
60代夫婦比良山系で亡くなる (09月16日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):