本日 485 人 - 昨日 2019 人 - 累計 1818535 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

富士山で救助活動中に滑落

 富士山でスキー滑走中に、転倒し動けなくなった外国人男性の救助活動中、山梨県警の山岳救助隊員が、男性とともに滑落したという。

 産経新聞によると、

 20日午後6時45分ごろ、山梨県の富士山8合目付近で、スキーで滑走中に転倒して動けなくなった外国人男性を救出し、下山していた山梨県警山岳救助隊員の警部補(45)が、男性とともに滑落した。

 2人とも意識があり、生命に別条はないが、足にけがをしたもようだという。

 県警によると、外国人男性は同日午後1時20分ごろ、8合目付近で仲間2人とスキー中に転倒した。

 目撃した別の登山者が110番通報し、県警がヘリコプターで捜索を開始。

 しかし、気流が悪いためヘリによる救出を断念。警部補ら3人の隊員が7合目付近で降下し、徒歩で8合目に向かった。

 警部補は4時45分ごろ、男性を確認し、ストレッチャーに乗せて下山する途中で男性と滑落した。

 午後10時現在、救助隊の2人が男性と警部補を救出し、5合目を目指して下山している。富士吉田署からも約10人の署員が現地に向かい、救出に合流している。

 男性の仲間や通報した登山者も一緒に下山しているという。どの程度の高さから滑落したかなど、詳細な状況は分かっていない。

 県警地域課によると、警部補は山岳救助のベテランだという。

 
 以上、産経新聞 4月20日(水)22時31分配信


 二次遭難が起きてしまいました。大変残念なことです。幸い、両名とも命に別状はないということですが、雪がある富士山の恐ろしさが知らされる事故です。

 昨年も、ヘリで救助活動中に要救助者を落下させるという事故も起きて、亡くなった遭難者の遺族がヘリを管理する市を訴えるという事態になっています。

 今月10日にも、男性が滑落して亡くなっています。

 全国の警察や消防など、熊本地震の捜索等出動しているため、遭難救助の対応が十分にできない場合も考えられます。
 こういう時こそ、慎重な計画と行動が求められます。


関連記事
栃木では高齢女性滑落 (02月12日)
スキー遭難相次ぐ (01月06日)
ピッケルが手に刺さった (05月07日)
上高地のベテラン登山相談員が不明 (05月19日)
新潟巻機山で70代兄弟遭難 (10月10日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):