本日 3608 人 - 昨日 6437 人 - 累計 2909995 人
  • 記事検索

RSS

冬期閉鎖解除早まる

IMGP4036 信州の山岳道路の冬期閉鎖の解除が予定より早まったようです。

 ブナの「巨木の谷」で有名な北信濃の鍋倉山。

 雪深い北信濃の春の訪れとともに、ブナの根開けが始まり、残雪の大地にブナの芽吹きが始まる眩しさは、自然の息吹を感じるものです。

 鍋倉山へ通じる道路は、昨年11月に冬期閉鎖になっていましたが、残雪が少なかったのでしょうか、冬期閉鎖の解除が一週間程度早まるようだ。

IMGP3838 鍋倉山へのアクセス道路の長野県道上越飯山線ですが、今週の金曜日4月22日午後4時に開通する。

 残雪が少ないのも困るのですが、ブナの芽吹きはどうなっているかとても楽しみですね。


 この他、志賀草津高原ルートは予定通り、4月22日10時に開通する。はたして、今年の雪の回廊の高さはどの程度か。

 信州高山村から万座温泉に通じる県道牧干俣線も、4月22日10時開通。


 ※写真は、2015年5月17日撮影。


関連記事
アルペンルート長野県民感謝月間 (09月16日)
信州の山岳も登山届義務化へ (11月21日)
カゴメが森林の里親に (08月22日)
「美しい日本に乾杯!うまい!を明日へ!」プロジェクト (09月27日)
佐々成政軍団エキストラ募集 (02月26日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):