本日 4106 人 - 昨日 6277 人 - 累計 2600909 人
  • 記事検索

RSS

上越で雪と戯れる

シャルマン全容1393 雪を求めて、上越の「シャルマン火打」へ行き、雪と戯れてきました。
 ある所には、あるもんですねー!

 新潟県糸魚川市の南部にある「シャルマン火打」スキー場は、日本海から比較的近い(直線で10キロ程度)所にある割には、パウダースノーで有名である。

 積雪量の豊富な事でも有名で、五月中旬まで滑れる数少ないスキー場だ。

ゲレンデメール1446 今シーズンは、雪不足で早く営業を切り上げたスキー場が多い中で、ここは流石に違った。ある所にはあるもんだ。

 スキー場の最高点でも千メートルちょっとなのに、頂上付近の積雪は2mはありそうだ。

 たださすがに、雪質はパウダーとはいかず。春スキー独特のスキー操作と強靭な脚力が必要であった。
 まるで、砂糖の上を滑っている感じと言えばお分かり頂けるかどうか。
 
 緩いゲレンデと雪だまりがあり、気の抜けない滑走となる。この時期のスキーでは、雪に板をとられて足を捻ったり、急ブレーキがかかったりしてケガの原因となります。

焼山火打1411 天気も今一でしたが、火打山と新潟焼山(左写真、よく目を凝らしてみてください)、そして糸魚川の名峰「鉾ヶ岳」(右写真)もなんとか見えました。

鉾ヶ岳1424 帰りには、能生マリンドームのカニ横町で蟹をかって帰りました。いつものようにたっぷりサービス頂ました。

 目的は何だったのだろうか。

 


関連記事
男体山を活火山に選定 (06月22日)
11月は遭難が激減する (11月01日)
白馬エリアの雪崩情報が更新 (03月30日)
白馬インフォでぼや (06月09日)
登山届6割未提出 (08月13日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):