本日 1031 人 - 昨日 2837 人 - 累計 3065068 人
  • 記事検索

RSS

赤岳の登山道が流出

5fba27af 八ヶ岳連峰の赤岳鉱泉と行者小屋間にある登山道にかかる橋が流されたと、鉱泉日誌が伝えています。

 小屋番が書き込む赤岳鉱泉日誌で、登山者の皆さまへ重要なお知らせとして、登山道が流されたことを伝えています。


 内容は以下のとおりです。


 一昨日の朝から降り続いた激しい雨により、橋が流されてしまいました。

 場所は、赤岳鉱泉と行者小屋間の登山道で、石尊稜と日ノ岳稜の取り付き下の沢筋です。

213f1fff 原因は、雪泥流によるものだと考えられます。
 デブリが沢脇横の登山道まで到達していました。

 晴れの日にはほとんど水が流れていない沢なので通れます。
 しかし、雨の日には通らないことを推奨します。
 春先に降る豪雨には要注意ですね!

 改めて山に対して謙虚に向き合わなければならないと感じました。


 以上、4月9日鉱泉日誌より

 
 ※写真は、鉱泉日誌より借用


関連記事
新潟焼山も登山届義務化 (03月27日)
登山届6割未提出 (08月13日)
白根山の噴火警戒レベル引上げ (06月05日)
登山届提出者半年で33万人 (04月12日)
「信州山のグレーディング」細分評価 (01月20日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):