本日 678 人 - 昨日 2762 人 - 累計 3177159 人
  • 記事検索

RSS

利尻で北大医学部生死亡

 北海道利尻島で2人が遭難、その後救助されましたが、1人が亡くなりました。

 読売新聞が伝えたところによると、

 6日午後6時55分頃、北海道・利尻島の利尻山(1721メートル)に登った男性から、「頂上付近で仲間が低体温症になった。助けに来てほしい」と、知人を通じて110番があった。

 北海道警が7日未明からヘリで捜索し、午前5時頃、山頂付近にいる2人を発見して救助。1人は搬送先の稚内市の病院で死亡が確認された。もう1人にけがはなかった。

 稚内署の発表によると、死亡したのは北海道大医学部の男子学生(28)。男子学生ら2人は同学部のサークル「フラテ山の会」のメンバーで、4日から10日までの日程で登山計画書を出していた。同署は、実際に入山した時期などについて事情を聞くとともに、死因を調べている。

 遭難時、山頂付近は強風でテントを張ることもできなかったという。

 以上、2016年04月07日 11時12分 Copyright © The Yomiuri Shimbun


 男子学生のご冥福をお祈り申し上げます。


関連記事
レスキュースモークはこれだ (08月25日)
南アバス北沢峠まで開通 (06月10日)
北海道では天然雪スキー場オープン (11月13日)
アクティブ・レンジャー写真展 (11月16日)
山に登るトレーニングは何? (11月25日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):