本日 1248 人 - 昨日 6138 人 - 累計 2591774 人
  • 記事検索

RSS

浅間連峰積雪30㎝

 浅間山第一外輪山の登山道は積雪10~30センチ程度で、大変歩きやすい状態だそうです。

 浅間山麓にある高峰高原ビジターセンターによると、

 稜線沿いや岩場周辺は土や岩が出ているものの、各登山道の積雪は10~30cm程でアイゼンが歩きやすい状況だという。

 
 装備については、

 黒斑山・高峰山は標高2000mを超える高所山岳地帯。春は天候が変わりやすく寒暖の差が激しいため防寒着は必携。防寒ジャケットの他にフリース、薄いダウンなど気温変化に対応可能な服、ニット帽、手袋、ヘッドライト、暖かい飲み物、携行食等を持参すべきと。


 小諸からの道路には雪はないようです。

 なお、高峰高原~湯の丸間の林道は4月下旬まで、嬬恋村からの林道は5月上旬まで冬期閉鎖中の予定です。


関連記事
スキー衝突事故に注意 (03月11日)
上高地へは直行バスが便利 (04月25日)
焼岳の大噴火から百年 (06月04日)
信州四方山謝恩会が開催される (03月06日)
涸沢に向かう登山道上部で崩落 (06月19日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):