本日 1061 人 - 昨日 3436 人 - 累計 1663348 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

北ア唐松岳で男性滑落

画像 北アルプスの唐松岳で男性が滑落し行方不明となっています。

 3月20日、北アルプスの唐松岳(2,696m)に、女性と二人パーティーで日帰りの予定で入山した京都の男性が滑落した。

 視界不良でヘリによる捜索ができず、男性の消息は不明。

 
 信濃毎日新聞によると、

 20日午後2時5分ごろ、北アルプス唐松岳の八方尾根の上部で、京都府宇治市の男性(46)が南斜面に滑落した。

 通り掛った別の登山者が119番通報した。

 同署(?)によると、男性は同日、女生と2人で日帰りの予定で入山し、下山中に滑落したとみられる。

 県防災ヘリコプターが救助に向かったが、視界不良で現場に近づけなかった。

 21日朝から県警山岳遭難救助隊と北ア北部地区山岳遭難防止対策協会救助隊が地上から向かい、県警ヘリが上空から捜索する。


(以上、信濃毎日新聞 3月21日朝刊より)


 唐松岳は、一年を通して登山者に人気の山です。この時期も雪が締まり歩きやすいため入山者が多い。

 スキーやスノボを担いだ入山者も多く、中には不帰から滑り降りる兵もいる。

 尾根の北側の谷も深いが、男性が滑落した南側も深い。男性の一刻も早い救助を願います。

 
 目撃者は消防に通報したとのことですが、このような山域では警察への通報の方が、地上部隊との連携(山岳救助隊や遭対協)や、長野県全体を管轄する長野県警の方がいいのではないか。

 消防は県内に13ある消防本部ごとの管轄になっている。専門の山岳救助隊も編成されていない。


 ※写真は唐松岳。右に見えるリフトの終点が八方池山荘で、そこから八方尾根が左に延びている。(2016年3月12日撮影)


関連記事
妙義山で男性滑落し重傷 (11月06日)
剣岳で男性滑落死 (05月06日)
奥穂高岳の不明男性を遺体で収容 (08月21日)
首を骨折しても自力で下山 (05月01日)
1月外国人遭難5件16人 (02月04日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):