本日 628 人 - 昨日 1949 人 - 累計 2044202 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

木曽駒八丁坂で雪崩発生

DSCN2530-300x225 中央アルプス木曽駒ヶ岳の八丁坂で雪崩が発生しました。
 登山者のケガ等の情報は今のところ入っていない。

 駒ヶ岳ロープウェイによると、

 3月15日10時40分頃、千畳敷から乗越浄土に向かう八丁坂において、中規模な雪崩が発生したという。(写真、駒ヶ岳ロープウェイHPより)

 破断面は、高さ30~40cm、幅10mほどで、13日~15日未明にかけて積もった新雪が滑ったものと考えられる。

 八丁坂上部には、まだ新雪が残っており、ストレスがかかった状態であることが予想され、新雪が落ち着くまでは、雪の状態をしっかりと見極めたうえで入山するように注意を呼び掛けている。


 また、2月末に遭難事故が多発したことから、

 しっかりとした知識、経験、装備を整えていただいた上で、登山を行うように併せて注意喚起している。


 さらに、木曽駒ヶ岳への登山者に次のことを要請している。

◇12本または10本爪アイゼン、ピッケルの着用すること

◇冬山登山の経験がない、経験に乏しい方は入山を控えること

◇時間にゆとりを持って行動し、無理のない計画で登山すること(夏山登山の倍の時間で考える)


 以上のように要請されています。これから入山する方、あるいは入山を計画している方は、入山の是非も含めて検討材料としてください。


関連記事
白馬コルチナで女性宿に戻らず (12月29日)
鹿島槍ヶ岳で滑落遭難 (03月28日)
剱岳の雪崩で亡くなったのは静岡山岳会元会長だった (05月27日)
甲武信岳で男性病死か (11月29日)
スキー遭難相次ぐ (01月06日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):