本日 1108 人 - 昨日 2323 人 - 累計 1832382 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

阿弥陀岳で雪崩3人巻き込まれる

 八ヶ岳連峰阿弥陀岳で雪崩が発生し、3人が巻き込まれ、1人が死亡2人がケガを負う事故となった。

 SBCによると、

 八ヶ岳連峰の阿弥陀岳で3人が雪崩に巻き込まれ、1人が死亡、2人が重軽傷を負いました。

 午後1時半ごろ、八ヶ岳連峰の阿弥陀岳に登っていた3人パーティーから雪崩にあったと、救助要請がありました。

 雪崩に巻き込まれたのは山梨県北杜市の自営業●●さん34歳、東京都荒川区の無職・▲▲さん69歳、それに兵庫県宝塚市のパート従業員■■さん61歳の3人で、いずれも県警のヘリで救助されましたが■■さんが収容先の病院で死亡しました。

 また▲▲さんが肋骨などを折る大けが、●●さんも軽いけがをしました。

 3人は標高およそ2500メートルの南稜付近で雪崩に遭い、およそ300メートル流されたということです。


 以上SBC15日19時13分配信

 クリスチャントゥデイによると、

 長野県の八ケ岳連峰・阿弥陀岳(2805メートル)で15日午後、雪崩が発生し、山岳ガイドの男性1人と登山者の女性2人が巻き込まれた。

 既に積もった雪の上に新たに積もった雪が滑り落ちる「表層雪崩」の可能性があり、3人は約300メートル流され、このうちパート従業員の■■さん(61)=兵庫県宝塚市=が死亡した。共同通信などが伝えた。

 同通信によると、雪崩は阿弥陀岳の南陵の標高約2500メートル付近で午後1時20分ごろに発生した。山岳ガイドの●●さん(34)が110番通報し、約1時間半後にヘリコプターで救助された。

 ■■さんと一緒に登山をしていた無職の▲▲さん(69)=東京都荒川区=はあばら骨を折るなどの重傷。●●さんは軽傷とみられるという。

 中日新聞によると、■■さんと▲▲さんは●●さんのガイドでこの日、日帰りの予定で長野県原村の登山口から入山し、阿弥陀岳の頂上を目指していたという。

 政府広報オンラインによると、表層雪崩の速度は時速100〜200キロと新幹線並み。古い雪と新しい雪が共に滑り落ちる「全層雪崩」の時速40〜80キロに比べて非常に速く、雪崩が到達する範囲も広いという。


 クリスチャントゥデイ 2016年3月15日22時52分配信


※おことわり、報道では実名で報道されていますが、個人のプライバシーに配慮してブラインド表示としています。
 なお、ガイドの●●さんは男性、残る二人は女性です。


関連記事
赤岳と奥穂で男性滑落 (06月01日)
蓼科山荘で男性病死か (10月12日)
連休最終日遭難相次ぐ (07月17日)
奥穂高で男女二人滑落 (05月05日)
射殺された熊は四人を襲った熊か (06月13日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):