本日 1053 人 - 昨日 3436 人 - 累計 1663340 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

「南木曽岳」を日本山岳遺産認定

 妻籠宿で有名な信州南木曽町の名峰「南木曽岳」が、2015年度「日本山岳遺産」に認定されたことがわかりました。

 「山と渓谷社」が設立した「日本山岳遺産基金」では、2010年度より、次世代に伝えたい豊かな自然環境や、人と自然の関わりを有し、それらを守り、活用するような地元の活動が盛んな山や山岳エリアを、「日本山岳遺産」に認定している。

 これまでに、16ヶ所が認定された。

 2015年の認定は、7団体から申請があり、南木曽岳(なぎそだけ)と高知県と徳島県に跨る「三嶺」が認定されたという。
 認定は、2015年11月26日。

 南木曽岳は、中央アルプス南西部にある標高1,679mで、木曽三岳(御嶽山・木曽駒ヶ岳・南木曽岳)や信州百名山でもある。

 急峻な独立峰で、山腹には「木曽五木」(ヒノキ、アスナロ、コウヤマキ、ネズカ、サワラ)が茂っている。
 山頂周辺は、熊笹に覆われ、花崗岩の巨岩と針葉樹が点在、庭園的な景観を楽しめると言う。

 登山者に人気があるのに、国定公園や県立公園といった自然公園に指定されていないため、登山道整備は地域にゆだねられ、完全なボランティアでこつこつと登山道維持・補修を行ってきた点が、今回の認定にあたり評価されたようだ。

 
 「日本山岳遺産」認定されると、登山道整備などに助成金がでるほか、山と渓谷社が、『山と溪谷』ほか山と溪谷社の媒体を広く活用し広報してくれる。

 ヤマケイさんが、こんな素晴らしい事業を行っていることを、知らない人が多いのではないですか。本当にありがたいことです。


 信州にはいい山が沢山ある。これでまた、登らなければならない山が出来てしまった。

 南木曽町は、昨年度、土石流災害で住民が一名亡くなっている。
 木曽地域は御嶽山噴火災害など暗いニュースがあったので、こういうもの契機に木曽谷が元気になってほしいものです。


 長野県内に「日本山岳遺産」の認定箇所は、南木曽岳のほかに、舟窪岳、鍬ノ峰、徳本峠がある。


 


関連記事
王ヶ頭ホテル会長逝く (03月04日)
2015信濃大町山岳フェス迫る (09月08日)
岐阜県山のグレーディング (03月24日)
新穂高 路駐に反則切符 (09月19日)
10周年記念権兵衛峠ウォーキング (11月19日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):