本日 1067 人 - 昨日 3436 人 - 累計 1663354 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

丹沢で落石男性を直撃

 東丹沢で、約40センチの落石が男性を直撃し、男性が亡くなりました。

 神奈川新聞によると、

 3月5日午後6時5分ごろ、東丹沢の高畑山(清川村宮ケ瀬、標高766メートル)で、東京都八王子市上柚木3丁目の男性会社員(58)が転落したと、同行の男性から119番通報があった。厚木消防署員らが駆け付け、登山道の約20メートル下に倒れている男性会社員を発見、死亡が確認された。

 厚木署によると、約40センチの落石が男性会社員の頭部を直撃し、がけ下に転落したとみられる。男性会社員は同日午前5時半ごろ親族の男性2人と塩水橋(同村)から入山し、天王寺峠、丹沢山などを巡るルートで登山していた。ヘルメットは着用していなかったという。

 高畑山は宮ケ瀬湖の西側で、転落現場は「金冷(きんひや)し」と高畑山分岐の間。高畑山の山頂付近。


男性のご冥福をお祈りします。


関連記事
長野県が御嶽救助活動写真を公開 (10月09日)
乗鞍岳山スキーで重傷 (02月23日)
木曽駒八丁坂で雪崩発生 (03月19日)
阿弥陀岳雪崩起きやすいと考えず (03月17日)
南ア北岳で遭難多発 (07月25日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):