本日 1053 人 - 昨日 3436 人 - 累計 1663340 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

中央アルプス遭難発生状況

 先週、中央アルプスでは、悪天候やアイスバーンなどにより、遭難事故が多発しました。
 中央アルプスで発生した遭難の状況をまとめました。

 中央アルプスで、2月26日から2月28日に発生した山岳遭難の状況は、下表のとおりです。

 遭難の原因は、主に視界不良による道迷い、雪面のクラフト又はアイスバーンによる滑落と思われます。

 稜線上は、ホワイトアウト状態になったと聞いています。乗越から中岳、駒ヶ岳にかけては広い稜線のため、視界不良になると方向を見失う恐れがあります。

 地図及びコンパス、あるいはGPSなどは必携しなければなりません。

 本日も中央アルプスは、視界が悪いようです。入山される方は、十分注意してほしいと思います。

発生日発生個所遭難者状況救助日
2月26日木曽駒ヶ岳神奈川県 単独 男性58歳道迷い2月27日軽傷:手足等凍傷、低体温症
2月27日 木曽駒ヶ岳(八丁坂)京都府 単独 男性30歳滑落2月27日軽傷:左肩付近打撲
2月27日三ノ沢岳滋賀県 2P 女性38歳体調不良(疲労)2月28日ケガなし
2月27日中岳東京都 2P 男性37歳 女性26歳滑落・道迷い2月28日軽傷:低体温症
2月27日宝剣岳神奈川県 2P 男性23歳滑落2月28日軽傷:手の凍傷
2月27日宝剣岳東京都 2P 男性23歳不明捜索中
2月28日木曽駒ヶ岳神奈川県 4P 男性35歳滑落2月28日軽傷:頭部擦過傷等


関連記事
大町市でキノコ採り男性死亡 (10月01日)
渓流釣りの二人不明三重 (08月29日)
韓国人前穂高岳で滑落 (07月18日)
赤岳 心肺停止の男性の死亡を確認 (12月23日)
「アルプス」の隊員を救え (03月20日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):