本日 715 人 - 昨日 2884 人 - 累計 2324323 人
  • 記事検索

RSS

志賀高原寺小屋峰で滑る

ゲレンデ全景1055 志賀高原の奥地、標高二千メートルの雪原で滑るスキーほど贅沢なことはない。

 信州の志賀高原はいくつものスキー場の集合体である。



岩菅山1065 志賀高原の中央エリア東部には、寺小屋スキースキー場がある。
 志賀高原の名峰「岩菅山」(写真奥)から稜線が連なる「寺小屋峰」(標高2,125m)の北西斜面にゲレンデが広がる。

 標高二千メートルのゲレンデが、樹氷に囲まれ、周囲のスキー場からは隔離された静かな場所だ。



眺望1014 天気が良ければ、北信五岳や北アルプス、遠くは御嶽山まで眺望できる。

 でもやはりここは雪質が最高だ。雪質がいい志賀高原の中でも、上質なパウダースノーである。




リフト降り場付近1066 雑踏から離れ、自然の中で静かに滑るな寺小屋がいいだろう。そんな大自然を自由に移動できるスキーは素晴らしい。

 まだまだシーズンは2月もある。お待ちしております。信州のスキー場へ!

 


関連記事
りんどうの咲く丘 (12月09日)
浅間山外輪山を縦走 (05月17日)
毛無山(野沢)は春の雪 (03月08日)
篭ノ登山の下見 (08月25日)
塩田平一望の「独鈷山」 (05月23日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):