本日 4522 人 - 昨日 6442 人 - 累計 2607767 人
  • 記事検索

RSS

八ヶ岳で氷塊があたり重体

 八ヶ岳連峰の硫黄岳で、落ちてきた氷の塊があたり重体となっています。

 昨日(2/27)、八ヶ岳連峰の硫黄岳に登っていた大阪市の35歳の女性が、落ちてきた氷にあたりケガをして救助を求めていた。

 今日、長野県警のヘリコプターで救助されましたが、重体の模様。

 以上、SBCが伝えた。


関連記事
五竜岳で心肺停止の男性発見 (05月27日)
涸沢岳で外国人女性滑落か (10月04日)
三連休遭難2件追加 (03月30日)
赤石岳で高齢男性遭難か (08月10日)
立山救助を待つ二人は死亡 (05月03日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):