本日 754 人 - 昨日 2884 人 - 累計 2324362 人
  • 記事検索

RSS

八ヶ岳で氷塊があたり重体

 八ヶ岳連峰の硫黄岳で、落ちてきた氷の塊があたり重体となっています。

 昨日(2/27)、八ヶ岳連峰の硫黄岳に登っていた大阪市の35歳の女性が、落ちてきた氷にあたりケガをして救助を求めていた。

 今日、長野県警のヘリコプターで救助されましたが、重体の模様。

 以上、SBCが伝えた。


関連記事
穂高の沢で釣り人不明に (04月23日)
瑞牆山で転落重体 (05月31日)
荒船山で母子遭難か (09月28日)
穂高岳山荘小屋番宮田さん未だ不明 (05月20日)
長野県警やまびこ1号運航再開 (05月02日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):