本日 755 人 - 昨日 2884 人 - 累計 2324363 人
  • 記事検索

RSS

中ア西駒で遭難相次ぐ

IMG_3494 中央アルプスの西駒ヶ岳周辺で、山岳遭難が4件発生した。

 先週末、天候悪化などで、4件の遭難が発生し、2人が救助されました。

 信濃毎日新聞が伝えたところによると、

 26日(金)は、横浜市の58歳男性が、天候悪化で道に迷い遭難し、翌日、駒ヶ岳北方で無地救助される。
 命に別状なく軽傷の模様。

 27日(土)は、京都府の30歳男性が八丁坂で滑落し救助される。
 軽傷の模様。

 同日、東京都日野市26歳女性が滑落。同行した男性が救助に向かい怪我はない模様だが、濃霧のため救助を要請。

 さらに、横浜市の23歳男性も滑落し、アイゼンとピッケルをなくし救助を要請している。

 26日金曜日、たまたま私も駒ヶ根市付近にいたが、中央アルプス千畳敷より上は、雲がかかっていた。

 乗越浄土一帯は、広々としところで、そこから駒ヶ岳への稜線のわりと広いため、霧が出た場合は注意が必要である。

 八丁坂も、先日の雨などで、下はかなり固くなっているのだろう。アイゼンワークとピッケルが必要である。
 雪の状況により、対応が必要である。時には撤退も視野にいれるべき。


 ※写真は、八丁坂上部。上部ほど狭く急になる。晴れていれば最高なのだが。


関連記事
金剛山で男性の遺体発見 (06月12日)
連休最終日遭難相次ぐ (07月17日)
北アで遭難4件 (05月30日)
中ア空木岳で女性滑落 (04月19日)
阿弥陀岳事故の状況 (03月27日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
[1] 続報 | 2016/02/28 19:07
2/28無事救助されました
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):