本日 1052 人 - 昨日 3436 人 - 累計 1663339 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

長野県が火山防災対策を強化

画像 長野県は、御嶽山噴火災害を踏まえさらに、火山防災対策を強化する方針を明らかにしました。

 火山防災対策の方針は、現在開会中の長野県議会において、議員の質問に答える形で長野県阿部知事が答弁し明らかにしました。

 その方針の一つは、「ビジターセンター」を木曽地区に設置するというもの。火山に関する知識や情報を発信する場になりそうだ。

 さらに、火山防災リーダーの育成も検討するという。

 もう一つは、県庁の危機管理部に、火山防災対策を統括的に担当する課長級の「火山防災幹」を設置する方針で、さらに火山対策事務が増大するため職員の増員も検討しているという。

 県財政も厳しいと思うが、山岳観光に力を入れるためには、火山対策はしっかりやらねばならないだろう。
 
 ビジターセンターも他の地区のように形骸化しないよう、作った後の活用や運営が大切だと思う。
 県民や関係者を交えて名実ともに素晴らしい施設を作ってほしいもの。


 ※写真は、栂池自然園のビジターセンター


関連記事
白山登山届義務化へ条例改正 (06月15日)
7月は低体温症に注意 (07月20日)
上高地冬期入山ルール守って! (12月05日)
駒ヶ岳ロープウェイ復旧の目処たつ (02月24日)
第18回上高地閉山式 (11月13日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):