本日 250 人 - 昨日 7584 人 - 累計 2629209 人
  • 記事検索

RSS

赤岳滑落時は強風か

南八ヶ岳拡大0620 21日、八ヶ岳連峰赤岳の稜線で男性が滑落し亡くなりましたが、当時、赤岳稜線は強風が吹いていたと思われます。

 21日の赤岳の稜線は、風速15mから20mの風が吹いていたという情報があります。

 そして、前日20日は夕方から雨が降っていたようですので、男性が滑落した頃は、稜線は凍結していたかもしれません。

 どのルートを下山していたのかは不明ですが、赤岳直下はどちらのルートも凍結していればかなり厳しい条件です。

 また、雪が緩んでいたとすれば、それはそれで注意が必要です。

 亡くなった男性は、前日(2/20)は仲間の女性と入山し小屋(赤岳鉱泉と思われる)に宿泊、翌日(2/21)、午前11時頃に赤岳に登頂し下山の途中だったという。

 この情報からすると、主稜線を下っていたものと思われます。主稜線は、かなりの傾斜のある稜線です。夏でも神経を使う下山となります。

 これから入山する方も、十分注意してください。


関連記事
長野県警が山岳救助訓練を実施 (04月25日)
上高地のベテラン登山相談員が不明 (05月19日)
GW山岳遭難15件 (05月09日)
奥穂高岳で男性滑落か (08月21日)
空木岳避難小屋に遺体 (06月06日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):