本日 3164 人 - 昨日 3326 人 - 累計 2994995 人
  • 記事検索

RSS

雨降って雪固まる

 昨日は、中南部で大雨となり、大雨・洪水注意報が発令されていました。スキー場の積雪が心配です。

 長野県の南部では、24時間降水量が60ミリを超えたところもありました。御嶽山でもこの時期としては異例の40ミリの降水量を記録しました。

 雨は、南部が多く、次に北アルプス山麓が多くなっています。北部の飯山、野沢温泉、志賀高原は先週よりは少なかったようです。

 火祭りが行われた白馬八方尾根も夜まで雨が降っていたようで、白馬の降水量は16.5ミリです。

 花火の上がるころには、雨もあがり、北アの夜空に大きな菊の花が咲いたようです。

 今日は、信州の標高の高いところでは雪となっているようですが、冬山では、雨により一旦融けた雪が堅くなり、大変滑りやすくなっているとの情報もあります。
 入山の際は、十分注意してください。


関連記事
細川たかしの演歌「北岳」が発売  (08月25日)
学校登山における生徒の意識 (05月21日)
明日「信州山の日」 (07月22日)
白馬三山は雪景色 (10月18日)
御嶽山入山規制さらに緩和 (10月21日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):