本日 2859 人 - 昨日 6437 人 - 累計 2909246 人
  • 記事検索

RSS

寺の門はなぜ「山門」?

DSC_0997 お寺の参道にある門を、なぜ「山門」というのでしょうか。それは、、、。

 お寺には、必ず「山号」が付いています。昔、お寺は山にあるのが普通で、その名残と言われています。

 ですから、寺のある山に入山するときに通る「山にある門」だから、「山門」だと言う。

 信州が誇る善光寺の山号は「定額山」です。
 善光寺の山門は拝観できるが、拝観料500円がかかる。眺めは良いらしいが。


DSC_0994 善光寺の山号の「定額山」の額は、仁王門に掲げられているので今度は注目してご覧ください。


関連記事
インターハイ登山長野代表は? (09月07日)
赤石岳登山道情報 (07月16日)
涸沢パノラマコース通行止め (09月19日)
長野県警「春山情報」発表 (04月14日)
「松本―大阪便」復活 (01月31日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):