本日 3609 人 - 昨日 6437 人 - 累計 2909996 人
  • 記事検索

RSS

遭難したはずの女性が東京にいた

 2月13日、福島で遭難し救助を求め消息不明だった女性が、自力で下山し東京にいた。

 2月13日、福島県北塩原村の西大巓(にしだいてん)(1982m)で、女性の登山者が救助を求め、携帯電話でスキー場へ通報をしてきた。(スキー場から警察通報)

 その後連絡が取れなくなり、警察などで捜索をしたが見つかっていなかった。

 しかし、今朝、東京都の49歳の女性から警察に連絡があり、その日のうちに自力で下山し、バスで東京に戻っていたという。

 13日、捜索中の県警ヘリからの呼び掛けも聞こえたが、自分の事とは思わなかった。
 警察からの着信も、今朝になって気付いたと話しているという。

 こういうのどうなんでしょうか。人騒がせというか、警察もヘリまで投入して三日間も捜索したわけで、福島県の税金が使われたのですが、、。

 警察では、冬山で遭難した場合は、110番するように呼びかけているという。


関連記事
止まらぬキノコ採り遭難 (10月04日)
南ア北岳で遭難者か (01月07日)
秩父で二重遭難か二人死亡 (01月01日)
涸沢岳で50代男性凍死 (10月26日)
中ア宝剣岳の男性収容 (03月08日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):