本日 46 人 - 昨日 2359 人 - 累計 2048135 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

前武尊山雪崩遭難事故の詳細わかる

 前武尊山でバックカントリースキー中に、雪崩に巻き込まれ一人が亡くなった事故の詳細が判明した。

 1月31日、群馬県の前武尊山(まえほたかやま)で、バックカントリースキーをしていた36歳の男性が雪崩に巻き込まれ亡くなるという事故がありました。(1/31付けブログ参照のこと)

 この雪崩遭難事故について、特定非営利活動法人日本雪崩ネットワークが「160131前武尊雪崩事故・調査速報」を発表した。

 これにより、事故当時の詳細がわかりました。


 発表内容は次のとおり

 「160131前武尊雪崩事故・調査速報」

 ●事故データ ●
 日 付: 2016年1月31日
 時 間: 11時45分
 場 所: 前武尊・荒砥沢本流上部  
 種 類: 面発生乾雪表層雪崩
 規 模: Size 1.5
 破断面: 標高1930m、南東、幅10m、高さ20cm、斜度40度以上
 弱 層: 不明
 ※急峻な地形かつまだ不安定な雪が残るため、破断面調査を実施できず。
 データは目視によるもの。破断面での弱層は未確認。
 積雪構造:近隣の類似斜面での観察では、積雪表面下5-10cm程度にウインドクラスト(厚み1cm)があり、その下層には低密度の降雪層(厚み20cm、新雪とこしまり雪、粒径1-2mm)がある。この降雪層は、まだ十分に焼結が十分進んでおらず、急峻な斜面では人的な刺激で崩れる状態。

 ●行動●
 グループ : 2人
 種  別 : 山スキー・山スノーボード
 被  害 : 1人死亡
  
 当事者の行動と救助概要:
 2人は、前武尊山頂から剣ヶ峰をトラバースし、荒砥沢上部から11時45分に滑走開始。

 第一滑走者のスキーヤーが雪崩を誘発し、その真下にある狭いシュート(横幅2m程度)から沢状地形へと約150m流され、雪崩末端で完全埋没(埋没深1m)。

 その後、第2滑走者のスノーボーダーが別の斜面(雪崩走路の隣)を滑走し、埋没地点を一度は通過したが、登り返して末端付近からビーコン捜索開始。

 捜索中に近隣にいたガイドパーティおよび山岳会パーティに応援を要請。

 埋没者を発見後、ヘリコプター到着までの間、駆けつけたガイドパーティおよび山岳会パーティ(計15名ほど)によってCRPが続けられた。

 その後、被災者は搬送先の病院にて死亡が確認された。


 
 報道では分からなかった現場の状況が、この調査結果をみればよくわかる。雪崩とは恐ろしいものだ。

 雪山では、ちょっとしたきっかけで雪崩が発生するようだ。本当に注意しなければならない。

 入山した二人も、万が一に備え、ビーコンを装備していたことも分かった。また、現場に居合わせた他のパーティーによる救助、救命活動も行われたが、今回は、残念なことに命は助からなかった。

 雪崩のリスクのある現場に、ビーコンもなし入山する者はいないだろうが、必要な装備とメンバーの大切さは感じる事故だ。


 この調査を公表した「特定非営利活動法人日本雪崩ネットワーク」には、先日、南アルプスで滑落し命を落とした雪崩調査員の男性が所属していた。


関連記事
南ア登山者150台下山できず (09月20日)
不明の登山相談員川で発見される (05月28日)
高山村のタケノコ採りで遭難 (06月28日)
NZ遭難1カ月山小屋で保護 (08月28日)
北穂高岳南稜で滑落 二週連続 (10月11日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):