本日 38 人 - 昨日 2359 人 - 累計 2048127 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

滑落事故の雪崩調査員のNPOがコメント

 南アルプスで積雪調査を終え、下山中に滑落し亡くなった「雪崩・地すべり研究センター」の調査員が入会していたNPO日本雪崩ネットワークがコメントを発表した。

 既にお伝えしましたが、2月4日、「雪崩・地すべり研究センター」の池田調査員が、長野県大鹿村南アルプスの山中で積雪調査をして下山途中に、三伏峠から北西に延びる尾根付近で滑落して命を落としました。
 (南アで雪崩調査員が滑落


 池田さんが入会していた特定非営利活動法人「日本雪崩ネットワーク」が、2月8日、出川理事長名で「雪崩コミュニティの皆さま」あてにコメントを発表したのでお伝えする。


雪崩コミュニティの皆さまへ

 いつも日本雪崩ネットワークに対する理解とサポートをありがとうございます。
 大変残念なことに、本日は悲しいお知らせがあります。
  
 日本雪崩ネットワーク設立時からの会員であり、また理事の一人でもあった池田慎二博士が、2016年2月4日、南アルプスの山中にて滑落事故により亡くなりました。

 池田氏は国立研究開発法人土木研究所 雪崩・地すべり研究センターの専門職員として山岳積雪の調査を実施しており、その下山時での事故でした。
   
 池田慎二氏は、日本において、アカデミックな学術の世界と、山岳ガイドなど現場プロを繋ぐ<架け橋>になっていた希有な存在の方でした。
 いずれの世界にも足を置きつつ、その両者の良い面、弱い面をきちんと理解した上で、研究の推進と現場プロの育成に情熱を注ぎました。
 
 雪崩業務従事者レベル2モジュール1での雪氷学の講義、あるいは現場プロの情報交換会であるアバランチ・ミーティングにおいて、彼のユーモアある語り口と決して偉ぶらないオープンマインドな態度は、現場プロたち、そして日本雪崩ネットワーク会員にポジティブな大きな影響を与えました。
 
 また、『雪崩リスク軽減の手引き』の執筆など、一般山岳利用者に対しても、いかにして雪崩の危険を平易かつ簡潔に伝えるのかを、一人の山岳利用者の立場で考えることができた人でした。
  
 また、池田慎二氏は、中部山岳域の積雪特性を研究テーマとし、この20年間、取り組んできました。
 
 例年、標高1800m付近に複数の定点を設け、継続的な積雪観測を行っていましたが、今回の事故は、その最中に起こりました。彼の研究は一見、地味なものに見えるかも知れません。
 
 しかし、高い標高帯での積雪や気象観測の定点をほとんど持たない日本においては、山岳利用者の安全に係わる極めて重要な仕事でもありました。池田慎二氏の死は、日本の冬季山岳レクリーション界にとって極めて大きな損失です。


 過日、ご家族のご意向により、ごく親しい方での密葬が終わりましたので、ここにご報告致します。
  
 2016年2月8日 
 理事長 出川あずさ 特定非営利活動法人日本雪崩ネットワーク


 以上。


 池田氏のこれまでの活動については、先日、信濃毎日新聞も伝えている。

 池田さんは、信州大学在学中に長野県白馬村に住んで、北アルプス栂池高原の雪崩跡をくまなく調べたという。

 その後、民間を経験した後、「雪崩・地すべり研究センター」に入ったようだ。

 本当に貴重な人材を失ってしまった。彼の活動の一端をみると、命がけの現場で地道な調査を積み重ねて、一般に雪崩の危険性を伝えるというとても目立たぬ仕事だったかもしれない。

 しかし、その積み重ねが、我々のリスクを軽減してくれたのではないかと思う。

 改めて池田さんのご冥福をお祈りするとともに、ご遺族にお悔やみ申し上げます。


 池田さんと出川理事長の共著を紹介したい。

 『山岳ユーザーのための雪崩リスク軽減の手引き』
 発行:東京新聞  定価:1600円(税込)

 


関連記事
横手山連日の外国人遭難 (02月07日)
前穂高岳で性別不明の遺体 (09月15日)
有料救助第1号は60代男性 (01月20日)
学校登山落雷事故から50年 (08月03日)
早大木下教授が小仙丈ヶ岳で滑落 (11月08日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):