本日 2666 人 - 昨日 6437 人 - 累計 2909053 人
  • 記事検索

RSS

群馬小至仏山で二人遭難

 群馬県の小至仏山へ入山した男性二人が遭難し、低体温症で死亡した。

 毎日新聞によると、

 11日午前9時10分ごろ、群馬県片品村の小至仏山(こしぶつさん、2162m)の頂上付近で、男性2人が倒れているのを同県警沼田署員がヘリから発見した。2人とも既に心肺停止の状態で、病院に運ばれたが、死亡が確認された。

 同署によると、2人は共に会社員の同県吉岡町の●●さん(38)と同県渋川市の■■さん(29)で、死因はいずれも低体温症だった。

 9日午前、日帰りの予定で小至仏山北側の至仏山(しぶつさん、2228m)に向かったまま行方が分からなくなっていた。

 10日に勤務先から「山に登った社員2人が出社しない」と同署に通報があり、捜索していた。

 発見現場は山頂から約100m手前の尾根で至仏山への登山ルートの通過点という。



 NHKの報道は次とおり

 9日、群馬県北部の至仏山に登った男性2人が遭難し警察は、11日午前、2人が山の南側に倒れているのを発見しましたが、2人とも死亡が確認されました。
 
 死亡が確認されたのは、いずれも会社員で、群馬県吉岡町の●●さん(38)と渋川市の■■さん(29)です。

 警察によりますと、2人は9日、日帰りで至仏山に登ったとみられていますが、10日になっても戻らず、会社の上司が警察に「遭難した可能性がある」と届け出ていました。

 警察では10日から至仏山の山ろくを捜索していましたが、11日午前9時すぎに至仏山の南側の「小至仏山」の山頂付近で2人が倒れているのを発見し、2人とも死亡が確認されました。

 警察によりますと2人は登山届を出していなかったということです。

 前橋地方気象台によりますと、群馬県北部には9日から10日にかけて大雪と風雪、なだれの注意報が出されていて、至仏山に近いみなかみ町では、10日午後4時までの24時間に全国の観測地点で最も多い85センチの降雪が観測されるなど、この冬いちばんの大雪になっていました。
 


 荒天の予報が出ていただけに悔やまれる遭難です。

 群馬県では、先月、前武尊山でバックカントリースキーをしていた上毛新聞の社員の男性が、雪崩に巻き込まれて死亡している。

 今年に入って群馬県の雪山の遭難死者は3人となり、長野県に並んだ。(長野県は行方不明者一人を含む。)

 故人のご冥福を心よりお祈りします。



 ※毎日新聞、NHKとも実名報道されていますが、当会では、プライバシーに配慮しブラインドにしています。ご了承ください。


関連記事
発見の遺体は不明の親子 (06月01日)
北ア西穂高岳で男性滑落 (12月25日)
トレラン不明の男女無事 (10月29日)
妙高で道迷い遭難 (07月20日)
妻子とスキー場を訪れた男性相次いで死亡 (03月22日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):