本日 2014 人 - 昨日 2271 人 - 累計 1826099 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

戸隠奥社神雪参りトレッキング

画像 スカッと晴れた建国記念日に、戸隠奥社へ神雪参りに行きました。青空と戸隠連峰、そして神雪のコントラストは抜群です。





画像 今日の行程は、戸隠奥社参道を進み、随神門で分岐し南下、鏡池へ向かう。

 鏡池で休憩をとったのち、隋神門まで戻り、参道を奥社へ向かい。参拝後参道を戻っていくというもの。


 今回は経験豊富な4名が集まったので、どこか山でも登った方が良かったかもしれないが、スノートレッキングもなかなか良かった。

 参道は、一般の参拝者も歩いているので、トレース踏み跡はしっかりしている。
 我々は、スノーシューが2人、ワカンが2人だったが、参道に限ってはツボ足でも良いくらいだ。

 随身門から鏡池間は、ツボ足では踏み抜くことがある。


画像 随身門から歩くこと約30分、鏡池に着く。池は凍りつき雪の原となっている。戸隠連峰の戸隠山、西岳の岩峰が屏風のようにそそり立つ。絶景だ。

 ティータイムの合間にも、数えきれない写真を撮る。こんな戸隠連峰を次はいつみれるか分からないからだ。そのくらい青空と戸隠のコントラストがいい。



画像 奥社へ向かう。随身門まで戻ること約35分。ここからは、参道を一直線に進む。少しずつ勾配がついてくる。奥社前の急坂を登る頃には、額に汗が滲んでくる。

画像 奥社は屋根付近まで雪が積もっているが、奥社前には不思議と雪はない。


画像 冬期閉山中のため、扉は閉ざされ神様を拝見することはできない。ただ、さい銭投入口だけはちゃんとあるのだが、、。

 参拝を済ませ、コーヒーブレイク後、下山へ。



画像 樹齢四百年の杉並木はいつみても圧巻だ。ここを歩いてパワーももらえないはずはないだろう。
 パワースポットとして人気だが、本当にパワーがみなぎる感じだ。

 奥社参拝から約30分で大鳥居をくぐり下山完了。冬晴れの絶好のトレッキングとなった。このあと「うづら屋」でそばを食べたことは言うまでもない。


関連記事
大パノラマの蓼科山山行 (05月24日)
心して登れ「京ヶ倉」 (11月09日)
妙高戸隠連山国立公園に火打山あり (09月07日)
1周年記念登山 (09月16日)
山頂は城跡 女神岳 (05月11日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):