本日 74 人 - 昨日 2537 人 - 累計 3087332 人
  • 記事検索

RSS

BCで雪崩に巻き込まれる

 群馬県の前武尊山でバックカントリーをしていた男性が、雪崩に巻き込まれ亡くなりました。

 またしてもバックカントリースキーでの事故が起きてしまった。

 フジテレビ(1月31日(日)21時17分配信)によると、

 群馬県の前武尊山(まえほたかやま)で、バックカントリースキーをしていた男性が雪崩に巻き込まれ、死亡した。

 31日午後0時すぎ、群馬・片品村の前武尊山で、「スキーをしていた男性が雪崩に巻き込まれた」と、警察に通報があった。

 雪崩に巻き込まれたのは、会社員●●さん(36)で、病院に運ばれたが、その後、死亡した。

 ●●さんは、仲間と2人でスキー場のコースの外を滑る、バックカントリースキーをしていた。


 以上

 毎年のように、バックカントリーでの雪崩遭難が起きている。
 大雪のあとの山岳では、常に雪崩に注意が必要だ。特に、今回のようにドカ雪、雨、ドカ雪となると、不連続面から、表層雪崩の発生要素ができてしまう。

 とにかくこの時期、雪の多い山岳への入山はには注意が必要だ。


関連記事
北ア遠見尾根で男性滑落 (08月05日)
小蓮華山で男性の遺体 (06月17日)
南アで30代男性が不明 (09月08日)
北ア滝谷で男性滑落か (09月18日)
北ア唐松岳で遺体見つかる (09月20日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):