本日 1800 人 - 昨日 3328 人 - 累計 2398603 人
  • 記事検索

RSS

スキーヤー雪に埋り死亡

 広島県のスキー場で、行方不明となっていた男性が雪に埋った状態で発見された。

 広島県の恐羅漢スノーパークへ、1人でスキーに出かけ1月27日から行方不明となっていた広島市の70歳の男性が、上半身が雪に埋った状態で発見され、その後死亡が確認された。


 日本テレビ(1月31日(日)17時15分配信)によると、

 広島県安芸太田町のスキー場で、今月27日から行方不明になっていた広島市東区の無職●●さん(70)が、ゲレンデのすぐ脇の斜面で遺体で発見された。

 警察によると、●●さんは27日朝、安芸太田町の恐羅漢スノーパークへ1人でスキーに出かけたが、1泊2日の予定を過ぎても帰宅しなかったため、30日から警察や消防による捜索が行われていた。

 31日午前9時過ぎ、スキー客が山頂寄りのコース脇の斜面で、雪に上半身が埋まった状態の●●さんを発見した。警察と消防などが収容したが、その後、死亡が確認された。

 ●●さんは、発見当時、ストックを持ち、スキー板をはいたままだったということで、警察は、何らかの理由でコースを外れたものとみて、詳しい原因を調べている。


 以上

 昨シーズンも長野県白馬八方尾根スキー場で、コースから転落した男性が雪に埋もれ死亡している。

 大雪が降ったあとなどは注意しないといけない。斜度のある斜面で頭を谷側に向けて転倒すると雪に埋り脱出できないこともある。

 空いているスキー場で滑るとき、あるいはひと気の少ないゲレンデ滑るときは、複数で滑った方が安全である。


関連記事
荒船山で母子遭難か (09月28日)
渓流釣りの二人不明三重 (08月29日)
軽井沢でスキーバス転落 (01月15日)
金剛山で男性の遺体発見 (06月12日)
信州須坂の里山で男性遭難 (07月07日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):