本日 2488 人 - 昨日 3326 人 - 累計 2994319 人
  • 記事検索

RSS

西穂で男性が雪崩遭難か

 北アルプスの西穂高岳で、男性が雪に埋まった状態で発見されました。

 1月13日、長野県松本市と岐阜県高山市に跨る北アルプスの西穂高岳(標高2909m)の岐阜県側で、富山県の40歳男性が、体の半分が雪に埋まった状態で発見されその後死亡が確認されました。

 NHKによると、

 13日午前9時40分ごろ、岐阜県の北アルプス、西穂高岳の標高およそ2500mの西尾根で、雪に埋もれて倒れている男性が見つかり、警察のヘリコプターで救助されましたが、まもなく死亡が確認されました。

 警察によりますと、亡くなったのは富山市の40歳の会社員の男性です。

 今月10日、男性が「いつもの山に行く」と家族に伝えて出かけたまま行方がわからないと12日、家族から警察に通報がありました。

 男性は登山届を提出していなかったということですが、警察で北アルプスの岐阜県側の登山口の駐車場を確認したところ、男性の車が見つかったということです。

 このため警察は13日朝からヘリコプターで捜索をしていました。

 警察によりますと死因は凍死で、警察は、久世さんが山で一夜を過ごそうとして体力が奪われたものとみて調べています。

 西穂高岳にある西穂山荘によりますと、13日朝の気温は氷点下15度と冷え込んだということで十分な装備で登山にのぞんでほしいとしています。


 以上、01月13日 20時46分配信


 男性は、雪に体が埋まっていたことから、一部には雪崩に合ったとの見方もあるようです。
 
 また、岐阜県では、「岐阜県北アルプス地区における山岳遭難の防止に関する条例」が制定され、平成26年12月1日から施行されています。

 このため北アルプスへの登山には、登山届の提出が義務となっています。もう一度確認をお願いします。


関連記事
また妙高で遭難 (10月15日)
BCで雪崩に巻き込まれる (01月31日)
秋の北ア高齢男性二人遭難 (09月27日)
鳥海山で遺体発見 (09月03日)
止まらないキノコ採り遭難 (10月06日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):