本日 2482 人 - 昨日 4593 人 - 累計 2758371 人
  • 記事検索

RSS

八ヶ岳で年始に二人重傷

 新年早々の八ヶ岳で、相次いで二人が骨折する重傷を負っていたことがわかりました。

 信州の山岳は、年末年始も記録的な暖冬で比較的穏やかに過ぎたと言えますが、八ヶ岳で二件の遭難事故が発生し、二人が骨折の重傷を負っていたことが、中日新聞の記事でわかりました。

 それによりますと、元旦には、赤岳で神奈川県在住の31歳男性が転倒し骨折。三日には阿弥陀岳で横浜市の66歳男性が滑落し骨折の重傷を負ったと伝えています。

 八ヶ岳は例年になく積雪が少ないようです。
 事故の原因は不明ですが、積雪があればクッションになることもあります。
 暖冬の影響がこんなところにも出ているかもしれません。

 雪の少ない冬山は、それなりの対応が必要かもしれません。十分に注意してください。


関連記事
白馬乗鞍で3人下山できず (01月01日)
涸沢岳で50代男性凍死 (10月26日)
五竜岳で心肺停止の男性発見 (05月27日)
秋田森吉山の男女7人見つかる (10月10日)
富士山冬期事故多発で注意喚起 (12月22日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):