本日 2172 人 - 昨日 3326 人 - 累計 2994003 人
  • 記事検索

RSS

霞沢岳で男性病死か

 北アルプスの霞沢岳から下山中の男性が亡くなりました。

 北アルプスの霞沢岳(標高2,646m)から下山中の、北九州市の64歳の男性が今朝(1/1)9時頃、稜線を歩いていて体調が急変し動けなくなった。

 男性は、長野県警のヘリで、病院へ収容されたが死亡が確認されたと信越放送が伝えている。

 男性は、仲間2人と昨日(12/31)霞沢岳に登り、今日、上高地に向けて下山中だったという。

 大変残念なことですが、信州の山岳での今年最初の死者となってしまいました。

 天候はまずまずだっただけに本当に残念です。

 故人のご冥福をお祈りします。


関連記事
富良野BCで外国人遭難騒ぎ (02月28日)
タケノコ狩り遭難死因は心疾患 (06月26日)
「アルプス」の隊員を救え (03月20日)
南ア北岳でも男性滑落 (01月02日)
南ア鋸岳で男性滑落 (09月07日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):