本日 2941 人 - 昨日 4120 人 - 累計 2776714 人
  • 記事検索

RSS

哀悼 谷口けいさん

 世界で初めて、女性としてピオレドール賞を受賞した登山家の谷口けいさんが、12月22日、大雪山系黒岳で滑落し亡くなりました。
 謹んで哀悼の意を表します。

 谷口さんは、男性の仲間四人と北壁の絶壁をクライミングで登頂。
 登頂後、用を足すため、仲間と結んでいたロープを外し岩陰に向かい、何らかの原因により滑落したと推測される。

 滑落したと思われる場所には手袋が残され、滑落したような跡が残っていた。

 翌日、登山仲間によって発見されたが、雪深い沢で10センチほどの雪に埋まった状態で見つり、首や頭などを骨折し亡くなっていたという。

 斜面には、血痕や滑落の形跡があったようだ。

 谷口さんを知るニセコ雪崩調査所長さんは、「山頂到着後、緊張が解けたのかもしれない。」と話したという。

 数々の栄光の軌跡を残し、脂がのっている40代で、これからの山岳会を引っ張っていくと思われた彼女を、こんな形で失うことは本当に残念で仕方がない。

 ここに谷口さんに、謹んで哀悼の意を捧げます。


関連記事
荒船山で母子遭難か (09月28日)
甲武信ケ岳へ向かった男性帰宅せず (08月16日)
魔の山「六百山」で何が (07月19日)
白馬コルチナで女性宿に戻らず (12月29日)
奥穂高岳で男性の遺体 滑落か (06月29日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):