本日 2364 人 - 昨日 3212 人 - 累計 3009251 人
  • 記事検索

RSS

北ア スバリ岳で大学生遭難

 北アルプスのスバリ岳で、大学生二人が遭難している模様です。

 信濃毎日新聞によると、

 北アルプスのスバリ岳(標高2752m)のビョウブ尾根上部で、雪氷がテントを直撃し大学生1人が埋もれたと、同行の学生から大学関係者に連絡があったようです。

 本日(12/22)早朝より、長野県消防防災へりや県警山岳救助隊らにより捜索を行う予定だという。

 大学生二人のケガの状態など詳細は分かっていない模様。

 二人は、大町市から入山し、22日まで5泊6日の計画だったようです。

 一刻も早く、二人が無事に救助されることを期待します。

 


関連記事
空木岳避難小屋に遺体 (06月06日)
剱岳で8月不明の女性見つかる (10月04日)
続報 鳥甲山スキー遭難 (03月13日)
剱岳で雪崩3人巻き込まれる (05月07日)
北ア西穂高岳で男性遭難か (05月31日)
前の記事
次の記事
COMMENT
[1] 続報 | 2015/12/22 12:35
遭難したのは、慶応大学の学生で一名は無事救助されましたが、もう一人は雪に埋もれた状態で見つかり重体の模様。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):