本日 2789 人 - 昨日 3501 人 - 累計 2484807 人
  • 記事検索

RSS

今年の冬至は

 今年の冬至は12月22日(火)です。昼の時間は、たったの9時間39分です。

 冬至とは、言うまでもなく昼の時間が一番短く、夜が一番長い日です。
(12/22長野市 日の出6:56 日の入り16:35)

 昼が一番長かった夏至(6/22)と比べると、実に5時間も短いことになります。
 (今年の夏至の昼時間は14時間40分だった)

 しかし、冬至が過ぎても日の出が早くなるわけではありません。日の出の時間は、年明け1月2日から1月12日が午前7時で、ここを境に日の出が早くなります。

 また、日の入りが一番遅かったのは12月3日から12月10日の16時31分です。今は既に日の入りは遅くなりつつあるのです。

 と言うわけで、冬至は日の出と日の入りの差、すなわち昼の時間は一番短いけれども、日の出時間が一番遅い訳ではなく、日の出はまだまだ遅くなります。

 朝が暗いとどうも気合が入りません。早く明るい朝となってほしいものです。
 山に登るにも日が長い方がいいです。

 ちなみに来年の夏至は6月21日です。

注)日の出日の入りの時間は、いずれも長野市の時間で国立天文台の暦計算によります。


関連記事
長野県北部大雪です (01月14日)
涸沢ヒュッテがオープン (04月21日)
鴎外の遊歩道に咲く山アジサイ (07月05日)
今冬一番の積雪 (01月18日)
いいやま菜の花まつり (05月02日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):