本日 1594 人 - 昨日 2575 人 - 累計 1967281 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

スパイラルも暖冬に苦労

画像 長野市にはアジア随一のボブスレー・コースがあります。長野オリンピックの会場となった「スパイラル」は、アジア最大のボブスレー、リュージュの施設です。

画像

画像 総延長1,700m、標高差113m、カーブ数15。これが「スパイラル」の全容です。

 スパイラルのコースの壁には、全面的に氷を張る必要があります。この壁の中の管に冷却材を流し壁を冷やし氷を張ります。
 分かりやすく言えば、冷凍庫の中のようで、最初は霜がついいていきます。



画像 しかし、スパイラルの施設は、シートで覆うものの基本は屋外のため、気温が11度以下にならないと氷は作れません。

 すでにシーズンが始まっていますが、11月の暖冬には苦労したようです。

 先ごろの雨は天敵です。今週前半も気温が高い予報ですが、維持費がかさみそうです。


画像 この施設の維持費は、なんと年間2億円です。少しでも有効に活用されることを願いたいです。



画像 管理棟の中には、ちょっとした展示コーナーがあります。本物のボブスレーのそりも展示されています。
 無料で見学でき、係員の方も丁寧に説明してくれます。皆さんも一度は見てみてはいかがでしょう。

 ※冒頭の写真はフィニッシュライン。撮影は11月23日。


関連記事
冬到来 「雪の朝」 (12月06日)
かなり雪が融けました (03月02日)
プリンス・スキー場オープン (11月02日)
向こう一週間雨 (10月12日)
北信濃の冬の成人式 (01月13日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):