本日 155 人 - 昨日 3202 人 - 累計 1665644 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

信州の大雨スキー場の雪解かす

 長野県内は昨日から季節はずれの大雨で、大雨注意報が発令されるなど、12月としては異例の天気となりました。
 北部の県境ではまだ強く降っているところがあり、小谷村、白馬村などでは大雨注意報が継続しています。(21:00現在)

 前線を伴った低気圧が本州を横切り、南から暖かい空気が流れ込んだため、気温が上昇し南木曽町では20度を越えました。諏訪でも19度を超える異常となりました。

 木曽地方では、累積雨量が100ミリ近いところもあり、高温と降雨により、オープンを前にしたスキー場のゲレンデの雪も溶けてしまったようです。

 昼間は、標高二千mの横手山山頂でも雨模様でした。既にオープンしていたスキー場も、この降雨による影響は大きいようです。

 県内のスキー関係者は、今年のスキー客を昨年を上回る715万人を目標としていますが、まさに水を差されてしまいました。

 明日以降は冬型の気圧配置に戻るようですが、来週の降雪に期待したいところです。


関連記事
西日本は大雪厳重な警戒必要 (02月09日)
「長野県神城断層地震」と命名 (11月26日)
信州10日明け方から昼過ぎ大雪 (02月09日)
白馬エリア雪崩危険な状態 (01月21日)
週末以降は高温に注意 (01月24日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):