本日 170 人 - 昨日 2670 人 - 累計 1978519 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

長野県登山安全条例が成立

 本日、登山計画書の提出の義務化などを規定する「長野県登山安全条例」が、長野県議会で可決成立しました。
 条例の施行日は未定ですが、登山届の義務化は平成28年7月1日からです。

 この条例は、指定登山道を通って登山する場合は、あらかじめ登山計画書を県に提出する必要があります。

 このほか登山者の責務や遵守事項として、状況にあった必要な服装、装備を備えることや、山岳保険への加入の努力義務なども盛り込まれています。

 なお、この条例には罰則規定はありません。

 条例の概要はこちらのブログをご覧ください。


関連記事
山岳センター「冬山登山の基礎知識」講座 (10月23日)
新穂高第2ロープウェイ運休のお知らせ (06月15日)
上高地冬期入山ルール守って! (12月05日)
信州の山岳道路は冬期閉鎖に (11月04日)
長野県登山安全ガイドライン策定 (06月30日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):