本日 126 人 - 昨日 2378 人 - 累計 1886570 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

北海道警もコンパス情報共有

 北海道警も山岳ガイド協会のコンパス情報を共有することになりました。

 北海道警と日本山岳ガイド協会がこのほど協定を締結し、オンライン登山届「コンパス」情報を北海道警も共有することになりました。

 これにより長野県をはじめ7道県が協定を結んだことになる。

 やっと7つという感じで、中々、協定の締結件数が増えません。

 この協定では、あくまでも山岳遭難が疑われる時に活用できるもの。
 よって、登山者がコンパスを利用すればするほど、地元警察や市町村には登山者に関する情報が残らないことになる。

 これもどうなのか。「コンパス」は個人情報のかたまりであるので、やたらに情報が閲覧できても困るのだが、、。

 長野県は、県警独自にインターネットによる登山届の受付もある、メールでもOKだ。今後は、コンビニのマルチコピー機からの届け出も検討しているようで、あまりに多種の選択があると混乱しないだろうか、その辺も十分に考慮してほしい。

 長野県は新たに登山経路システムの構築も発表している。これもカードリーダーは山小屋などに置かれるため、小屋があるルートに限られ有効性はどうなのか、今後の研究を注目したい。

 追伸、「コンパス」も過去のデータを活用してシステム入力できるようになれば手間も省けるのだが、是非、検討してほしいところ。


関連記事
タラの芽が切られる (05月11日)
千畳敷スキー場リフト休止中 (04月17日)
10周年記念権兵衛峠ウォーキング (11月19日)
聖岳への林道全面通行止続く (07月23日)
登山者カウンター (09月15日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):