本日 2240 人 - 昨日 2972 人 - 累計 1661091 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

野沢菜の漬け込み

画像 冬が近づくと、北信濃の風物詩「野沢菜漬け」があちらこちらで行われます。

 冬になる前までに、やらなければならないことがあります。
 山ばかりというわけにはいきません。

 今日(11/29)は、野沢菜漬けをしました。

画像 丹精込めて育てた「信濃美人」(野沢菜の品種)も、月の上旬の暖かさと降雨、そしてこの頃の冷え込みでいいお菜に育ちました。

 30キロを収穫し、残りは来年の春に菜の花となります。




画像 収穫したお菜は、丁寧に洗います。根元には土が入っていますので、しっかり落とします。
 これをしないと、土を食べることになります。

 



画像 洗ったお菜は、半日程度天日干しにします。天日干しで、水分もとびしなやかになって漬けやすくなります。
 今日は、あいにくの天気でした。






画像 今年は、醤油漬けを10kg、塩漬けを20kgとしました。
 
 醤油漬けのレシピは次のとおり。
 野沢菜10kg、たまり醤油2リットル、酢300cc、みりん300cc、酒300cc、唐辛子8g、昆布20g、ザラメ180g、ゆず2g、柿の皮少々。

 これだけお金をかけると、本当に奥深い味がでます。

 醤油漬けは、漬けてから10日前後から食べれます。さて今年はどう漬かるか楽しみです。
 


関連記事
信州北部峠道は積雪 (11月25日)
松川渓谷の高井橋の紅葉はこれから (10月09日)
二日連続の雪の朝 (03月25日)
今朝はこの冬一番の冷え込み (11月07日)
大雪警報の朝 (12月28日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):