本日 4528 人 - 昨日 6442 人 - 累計 2607773 人
  • 記事検索

RSS

白馬岳遭難事故のガイド有罪確定

 2006年(平成16年)、白馬岳でツアー登山の客4人が死亡した遭難事故で、業務上過失致死罪に問われ男性ガイドの有罪が確定しました。

 この裁判では、福岡県の57歳のガイドの男性が、業務上過失致死罪に問われ、平成27年4月20日、1審の長野地裁松本支部で、「軽率な判断で登山を続け、ガイドとしての注意義務を怠った」とし、禁固3年、執行猶予5年の有罪判決が言い渡された。

 被告の男性ガイドはこれを不服として控訴し、「天候の悪化を予測できたかどうか」を争っていたが、平成27年10月30日、東京高裁は1審の判決を支持し再び有罪判決を言い渡した。

 被告の男性ガイドは、上告期限までに11月13日までに上告しなかったため判決が確定したもの。


 この裁判に関するブログはこちら
 ★白馬岳四人死亡のガイドに有罪判決
 ★有罪判決の登山ガイドが控訴 白馬岳遭難
 ★白馬岳4人遭難死のガイド再び有罪


関連記事
信州新町またキノコ採りの男性遭難 (09月29日)
八ヶ岳赤岳で男性滑落 (02月22日)
「アルプス」の意義とは (03月26日)
北海道海別岳で3人遭難 (03月21日)
韓国人対馬で遭難 (07月24日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):