本日 213 人 - 昨日 1872 人 - 累計 1820135 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

気象・噴火特別警報メールで配信

 気象庁は、気象等及び噴火に関する特別警報をメールで配信すると発表した。

 現在、気象庁が発表する緊急地震速報及び津波警報と同様に、気象等及び噴火に関する特別警報についても、携帯電話事業者から速報メールで配信されることになるという。(噴火警報は居住地域)

 ドコモが提供するものは緊急速報でいわゆる「エリアメール」、その他は「緊急速報メール」での配信となる。もちろん無料である。

 配信開始は、平成27 年11 月19 日(木)11 時から。

 「特別警報」とは、暴風や大雨、火山噴火等により重大な災害の発生するおそれが著しく大きい場合に発表するもので、気象(大雨、暴風、暴風雪、大雪)、波浪、高潮、津波、地象(噴火、地震動)がある。


 発表基準は次のとおり

【大雨】
・台風や集中豪雨により数十年に一度の降雨量となる大雨が予想される
・数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により大雨になると予想される

【暴風】
・数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により暴風が吹くと予想される

【暴風雪】
・数十年に一度の強度の台風と同程度の温帯低気圧により雪を伴う暴風が吹くと予想される

【大雪】
・数十年に一度の降雪量となる大雪が予想される

【波浪】
・数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により高波になると予想される

【高潮】
・数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により高潮になると予想される

【津波】
・数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により高波になると予想される

【地震】
・震度6弱以上の大きさの地震動が予想される

【噴火】(居住地域)
・居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が予想される


関連記事
春期における雪崩に関する注意事項 (04月05日)
御嶽行方不明者捜索用装備を充実へ (12月18日)
御嶽山噴火災害から2年 (09月27日)
信州の温泉客の孤立解消へ (01月30日)
50cmの噴石に耐えるシュエルターを (12月13日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):