本日 4528 人 - 昨日 6442 人 - 累計 2607773 人
  • 記事検索

RSS

甲武信ヶ岳で不明の男性発見

源流標8310 奥秩父山系の甲武信ヶ岳で、9月に不明となっていた男性の遺体が見つかりました。

 奥秩父山系の主峰で、長野、埼玉、山梨に跨る日本百名山の甲武信ヶ岳で、11月6日、男性の遺体が見つかったと信濃毎日新聞が伝えた。

 男性は、9月29日に入山し、行方不明となっていた山梨県北杜市の73歳と、歯形などにより判明した。

 発見場所は長野県川上村の千曲川源流域の沢筋で、家族の依頼により男性を探していた山岳ガイドが見つけたという。

 死因は、外傷性ショックだった。

 行方不明当時、警察などによる捜索は行われたが発見には至らず、今回の発見となったわけだが、家族の早く発見してやりたいという思い届いたということでしょう。

 こういうこともありますから、山岳保険は必要です。

 故人のご冥福をお祈りします。

 
 ※写真は、千曲川源流標


 甲武信ヶ岳関連ブログはこちら
 千曲川の源流を辿って甲武信岳
 甲武信ヶ岳の名前の由来


関連記事
立山で遭難女性が金沢で観光していた (04月29日)
紅葉見頃の劔岳で男性滑落 (09月28日)
ブナ立尾根で山岳部顧問不明 (08月03日)
八ヶ岳で60代男女遭難 (01月02日)
金剛山で男性の遺体発見 (06月12日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):