本日 161 人 - 昨日 3202 人 - 累計 1665650 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

御嶽山噴火災害対策本部は廃止

 長野県は、「長野県御嶽山災害対策本部」を廃止し、「長野県御嶽山噴火災害警戒対策本部」を設置したと発表した。

 昨年9月27日の御嶽山の噴火に伴い設置した「長野県御嶽山噴火災害対策本部」が、平成27年11月6日(金)17 時に廃止され、「長野県御嶽山噴火災害警戒対策本部」に切り替えられた。

 これは、
 ①行方不明者の再捜索を8月6日(木)に終結したこと。
 ②再捜時、危険で捜索ができなかった雪渓部分のヘリコプターによる目視確認を降雪期まで行ったこと。
 が理由だという。

 今度設置した警戒対策本部は、本部長が長野県危機管理監(兼危機管理部長)となり、災害対策本部長の知事から格下げとなる。

 本部員の構成は、関係部局長のためそれほど変わらないが、国、外部機関のメンバーが若干変わる。

 警戒本部では、引き続き火山防災対策を進めるという。


関連記事
50cmの噴石に耐えるシュエルターを (12月13日)
全国消防操法大会長野開催 (10月30日)
御嶽山の警戒区域変更 (11月19日)
長野県北部まとまった雪 (12月30日)
「長野県神城断層地震」と命名 (11月26日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):