本日 1154 人 - 昨日 4530 人 - 累計 2766372 人
  • 記事検索

RSS

高山帯にもイノシシが出没

 北アルプスの岩小屋沢岳付近で、イノシシが出没していることが分かった。

 長野県環境保全研究所によると、高山帯における生態系のモニタリング調査で、北アルプスの岩小屋沢岳から西南西に続く稜線上で、調査のため設置したセンサーカメラにイノシシが映っていたという。

 9月にカメラを回収して解析の結果判明したようだ。

 岩小屋沢岳は、爺ヶ岳と鳴沢岳の間にある標高2630mの高山。

 イノシシが撮影されたのは、今年の7月2日午後2時36分と午後2時47分で、岩小屋沢岳山頂から稜線沿いに西南西へ約70m(標高約2610m地点)と約300m(標高約2590m地点)のようだ。

 研究所では、高山植物等に大変深刻な被害をあたえる可能性があるので、関係機関と連携して早期の被害対策に取り組めるようにするという。

 サルのライチョウ雛の捕食、シカの高山植物や樹木の食害などに続く、まさかのイノシシの出没です。
(サルのライチョウ雛捕食はこちらのブログ参照:ブログ

 高山帯においても、獣による生態系の破壊が予想以上に進んでいるのかもしれません。本当に早急な対策が必要かもしれません。


関連記事
信州へのスキー客は微増 (07月10日)
登山口でOS-1を配布 (08月09日)
2016高体連登山大会は美ヶ原 (11月05日)
あの滑落女子高生次はエベレスト目指す (02月28日)
鹿沢万座パークボランティア募集中 (06月05日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):