本日 254 人 - 昨日 2329 人 - 累計 1973374 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

御嶽山不法入山者起訴猶予

 入山規制中のエリアに無断で立ち入り、書類送検された男性は起訴猶予となった。

今年6月、入山規制区域に無断で立ち入り、災害対策基本法違反の疑いで書類送検された大阪府茨城市の43歳の男性は、情状を考慮され起訴猶予となりました。

 男性は、下呂市が入山規制している区域に登山の上写真を撮影。その写真をインターネット投稿サイトに投稿したことから事件が発覚した。

 こういう場合、見せしめ的に有罪となることがあるが、今回起訴が見送られたということは、他への影響が少ないことや、情状酌量の余地があったのでしょう。

 男性は、容疑を認めて「どうしても登りたかった」と供述したという。

 登山者は、登山のルールはもちろん、火山への入山規制は絶対に守ること。また、地元自治体の指示には従うことが大事。今更言うことでもないのだが、、、。


関連記事
ソフトバンクが山岳遭難にドローン活用 (12月08日)
今朝の北アルプス (10月04日)
山岳保険に入りましょう (12月15日)
登山届義務化から1年 (07月02日)
向こう1か月気温高め (08月19日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):