本日 2004 人 - 昨日 2972 人 - 累計 1660855 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

北穂高で男性滑落

 北アルプスの北穂高岳で、京都の男性が滑落し亡くなりました。

 信越放送によると、

 午前7時17分頃、北穂高岳の標高2,800m付近の大キレットで、「男性が滑落した」と付近にいた登山者から消防に通報がありました。

 滑落したのは京都府八幡市の会社員、Sさん47歳で、長野県の消防防災ヘリで松本市内の病院に運ばれましたが、多発外傷のため死亡が確認されました。

 Sさんは1人で登山していたとみられていて、警察で事故の原因などを調べています。


 今年も穂高連峰での遭難が多発しています。十分に注意してください。


関連記事
不明の早大OB残る二人発見か (06月17日)
赤岳で転倒し怪我 (04月14日)
信州9月の山岳遭難10名死亡 (10月11日)
冬の八ヶ岳遭難マップが完成 (12月09日)
蝶ヶ岳で体調不良で救助要請 (07月11日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):