本日 3836 人 - 昨日 3438 人 - 累計 3380014 人
  • 記事検索

RSS

剱で昨年遭難の男性見つかる

 北アルプスの剱岳で、昨年秋に遭難した男性とみられる遺体が発見されました。

 信濃毎日新聞によると、

 富山県警上市署は6日、北アルプス剣岳(2,999m)の標高約2,750mの斜面で男性とみられる遺体がを発見。県警のヘリコプターで収容したと明らかにした。

 昨年秋から行方不明になっている名古屋市に住む大学生の男性(当時24歳)とみて身元の確認を進めている。

 上市署によると、9月22日に遺体発見現場の近くで男性のリックが発見された。

 6日午前10時半頃、県警山岳警備隊員が、体が土砂にほぼ埋もれた状態の遺体を見つけた。登山靴を履いており、登山道から転落したとみられる。

 男性の家族が昨年10月、愛知県警に捜索願を提出。昨年12月に大町市で男性の車が見つかっていた。



 以上


関連記事
アイスクライミング中滑落重傷 (02月17日)
ガイド死亡事故の詳細 (06月20日)
富良野でフランス人男女6人遭難か (02月09日)
日光白根山で男性遭難か (01月24日)
中国が日本に圧力をかけ救助させた? (04月01日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):