本日 2001 人 - 昨日 2972 人 - 累計 1660852 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

スーパードライの寄付はこんな形に

画像 アサヒビールが全国で展開した「アサヒスーパードライ『美しい日本に乾杯!~うまい!を明日へ!プロジェクト~』による寄付は、信州の登山道整備に使われています。

 

 アサヒビール(株)から信州の山岳環境の保全活動に活用するための頂いた寄付金は、こんなところに使われています。


画像 雨飾山の梯子 







画像 高妻山の一不動避難小屋隣にあるトイレブース

 本当にありがたいことです。
 今年は1月、長野県はアサヒビール(株)長野支社より、2,932,905円をいただいている。出来ればどこに使用したのか教えてほしいものです。

 普段、何げなく使用している設備ですが、その整備にはお金がかかるもの。

 無料の登山道ですから収入源はありません。

 企業団体の寄付、山小屋の善意、環境庁の事業、長野県民の税金などにより整備されているということになります。

 登山者は、限られた環境の中自己責任において山行をすること。これは仕方ないことです。

 入山料の議論もありますが、登山道の整備はどすればいいのか。今後も議論が続くことでしょう。


関連記事
八方尾根スキー講習を開催 (03月16日)
山岳遭難の実態から学ぶもの (07月12日)
今年もアルペンルート長野県民感謝月間 (09月02日)
ヤマボクで初滑り (01月05日)
阿蘇山が噴火 噴煙二千メートル (09月15日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):