本日 252 人 - 昨日 2329 人 - 累計 1973372 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

止まらぬキノコ採り遭難

 信州でキノコ採りで新たに3人が遭難し、2人が亡くなりました。

 信濃毎日新聞によりますと、

 松本市と諏訪市で3日にかけて、80代の男性がそれぞれキノコ採りに出掛けて遭難し、死亡する事故があった。

 松本市では3日午前5時40分ごろ、同市の男性82歳が斜面に倒れているのを家族が見つけ通報した。
 男性は救助されたが、頭部外傷で死亡が確認された。 

 男性は、2日午後3時ころ、一人車で外出したまま行方が分からなくなっていた。


 諏訪市湖南の山林では3日午後0時ころ、近くの86歳の男性が倒れているのを、探していた近隣の男性が見つけた。諏訪署と地元の消防団などは同日朝から付近を捜索していた。
 男性は全身を強く打っており、その場で死亡が確認された。

 男性は2日午後2時ごろに「キノコを採りに行く」と言って一人でを家を出たが、夜になっても帰らず家族が通報した。
 男性には滑落したような傷があり、同署は足を滑らせたとみている。


 このほか辰野町では、神奈川県から夫婦でキノコ採りに来ていた82歳の女性が行方不明となっています。



 どんなに秘密の場所であっても、1人で入山するのは止めましょう。他人と一緒に行くのが嫌なら家族と一緒にいかがですか。

 松茸が出る松林は急傾斜地が多いです。ほとんどの場合、転落により亡くなられているようです。
 場合によっては、ヘルメット着用、ロープ持参で万全の対策をとって行きましょう。


関連記事
富山黒菱山で男性病死か (11月12日)
富士山50代男性不明 (01月20日)
乗鞍岳山スキーで重傷 (02月23日)
山梨乾徳山で男性遭難か (12月25日)
富士山で男性を収容 (04月24日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):